FC2ブログ

CANON GRAND PRESENTATION 2014参戦記。

2014年9月26日、金曜日。
この日は品川に。
キヤノンホールSで行われたイベント、「CANON GRAND PRESENTATION 2014」に行ってきました。


Canon18枚目
JR品川駅前。
改札出たらキヤノンホールの広告が。
会場のキヤノンSタワーに。
Canon19枚目
キヤノンSタワー入口。
Canon20枚目
イベントは3階で。
Canon21枚目

Canon22枚目
イベントは15時開始で私が到着したのは15時30分。
会場内は物凄い人でした。
熱気ムンムンでしたね。
Canon23枚目
入口入ってすぐの所にはEFレンズ紹介コーナーが。
Canon24枚目
ジャイアントバズかな?
Canon25枚目
発売予定の新レンズのEF400mm F4 DO IS USM。
高画質で超望遠レンズながら小型・軽量でもあるレンズです。
400mmのレンズって自分の中では超大型で三脚必須の物というイメージがありましたが、これは手持ちで全然いけます。
実際に試し撮りをしてきましたが、今までに経験したことない世界が(笑)。
自分の撮影スタイルには望遠の単焦点はかなりの“冒険”なんですが、これは欲しくなる。
このレンズで色々撮りたくなる……というレンズでした。
この時はまだ値段が分からなかったので家に帰って値段を調べたのですが……

マジか(笑)。
フルサイズ機と2.8通しレンズ買ってもおつりがくるレベルでした(笑)。
Canon26枚目
今回のイベントの目玉はEOS 7D Mark II。
APS-Cセンサー機のフラッグシップ機といえる機種です。
性能がもう段違い。
現時点でAPS-C機の中では最強でしょう。

Canon27枚目
会場には7DIIで撮った作例をまとめたパネルがありましたが唸る作品多々でした。
約10コマ/秒の高速連写だから撮れる作品がいくつも。
あと近くにはサンディスクのコーナーが。
自社の製品がいかに高品質なのかをアピールしていました。
また、
「7DMarkIIにはsandiskのextreme proを!」
「高速連写にはサンディスクのカードを是非」
なミニ広告がいろんな所にありました。
というわけで7DIIを使う予定の人はsandiskの「exetreme pro」シリーズのSDカードかコンパクトフラッシュを使いましょう。

Canon&Sandisk「それ以外のは認めません」
東芝「えっ?」
パナソニック「なっ!」
レキサー・メディア「そ、そんな……」
バッファロー「ZZZ……」
トランセンド「マジで!!!」
Canon28枚目
会場奥にはバスケットコートがあり、そこで7DIIを使って撮影することができるブースが。
今回のイベントは東京と大阪で開催され金・土・日の3日間開催でした。
土日は実際にバスケの試合を撮影できたようですが、この日は練習を撮影する仕様に。
私も7DIIを使って色々撮影してきました。
データの持ち帰りは不可でした。
装着されていたレンズは70-200mm F2.8です。

笑ってしまうほどの連写速度。
とっても見やすい視野率約100%倍率1.0倍の光学ファインダー。
ボールがゴールに入る瞬間をばっちり撮影できました。

もちろんというか使うのは初めてでしたが、そんな状態でも選手のドリブルやシュートの瞬間もしっかりぶれずに撮影できました。
いやあ、普段高速連写で撮影することはほとんどないですが、今回7DII使って目覚めたかもしれません、高速連写に。
持っているK-3は約8.3コマ/秒で決して悪くはないのですが、なんかこう、
他とは一味も二味も違う高速のシャッター音がもう快感(笑)。
約10コマ/秒……凄さを堪能させてもらいました。
Canon29枚目
カメラを撮影体験するとEFレンズタオル引きかえチケットがもらえます。
体験するだけでタオルがもらえる……太っ腹だな~。
Canon30枚目
望遠レンズ体験コーナー。
複数の望遠レンズが用意されていましたが、新発売の400mmF4を体験。
手持ちの連写で動く選手をばっちり撮影できました。
Canon31枚目
PowerShot G7Xコーナーも盛況。
個人的に7DIIよりこっちの方が気になってました(笑)。
というのも、1型センサーで24-100mm(35mm換算)という絶妙なバランス。
私が使っているコンパクトデジカメのGRは単焦点なので、それにプラス何かズームレンズが付いたコンデジがあったらいいなと思っていたので。
Canon32枚目
G7X。
画面をタッチして撮影できたりもするので便利。
Canon33枚目
G7Xのキャンペーン。
Canon34枚目

Canon35枚目

Canon36枚目

Canon37枚目

Canon38枚目
PowerShot SX60 HSコーナー。
Canon39枚目
光学65倍。
高倍率ズーム機はスマホの影響でコンデジが昔に比べて売れなくなってきている中、根強い支持と需要があります。
Canon40枚目
21mm-1365mm(35mm換算)。
こっちも気になるんだよなぁ……(オイ)。
画質はともかく、これ1台あればあらゆる被写体に対応できそうですし。
Canon41枚目
「ウチはプリンター関連もやっているんですよ~」というのもしっかりアピール(笑)。
先日NikonとOLYMPUSのイベントに行きましたがそちらは両方ともEPSONでした。
さすがにCanonのは取り扱わないか(笑)。
Canon「おのれEPSON……」
EPSON「おのれCanon……」

brother「ZZZ……」
Canon42枚目
この前Nikonのイベントに行き、そこではD750とD810というFXのフルサイズ機を前面に。
少し前にDfも出したということで最近のNikonはフルサイズに重点を置いているという印象を持ちました。
一方のCanonはAPS-Cフラッグシップ機と1.0型センサーのプレミアムコンパクトと65倍の高倍率ズーム機を。
なにかこう「みんながみんなフルサイズを求めているわけじゃないよね」的な感じを受けました。
特に一眼レフだけじゃなく新しく性能がしっかりとしたコンデジを出して「旅のお供に」「サブ機にぜひ」というアピール方法は上手いと感じました。
一眼レフ……とりわけフルサイズ機は良い写真を撮れるでしょうが、一式持って行くと結構な重量になるでしょう。
それに対してNikonはD750というフルサイズ機にしては小型・軽量のカメラを出して今まで以上に気軽にフルサイズ機を持ち出してほしいというアピールを。
一方CanonはAPS-C、1.0、1/2.3とセンサーサイズにこだわらない様々な提案をしてきました。
NikonのイベントではNikon 1もCOOLPIXの紹介もあるにはあった。
が、メインの会場から出た所での展開だったんですよね。
なにかこう、扱いが少々
お冷たい感じが。
今回のCanonのイベントでは7DIIの展開がとても大きく、それに比べるとG7XとSX60の扱いは小さいと感じました。
が、会場内でコーナーを設けて一体感はありましたし、体験している人多数でした。
Canon43枚目
RAW遊び。
AWBで現像した場合。
Canon44枚目
色温度を10000Kにして彩度もシャープネスもMAXに(笑)。
Canon45枚目
前はJPEG撮りでしたが最近はRAW撮りで。
Canon46枚目
RAWで撮っておけばいくらでも加工が可能ですし。
Canon47枚目
同じ写真も……
Canon48枚目
ここまで変えることが。
何でもありだな。
Canon49枚目
撮影体験をしてもらったEFレンズタオル。
太っ腹やな、本当に。
Canon50枚目
7DMarkIIはカタログが撮影の用途別に7種類も用意されていてCanonの力の入れ具合が伝わってきます。
総合、鉄道、野鳥、スポーツ、野生動物、飛行機、モータースポーツの計7種類。

会場を後にする時に頂いた紙袋には7種類全部のカタログが入ってました。
またG7Xに関しては師岡清高氏と榎並悦子氏の写真が。
CanonのプリンターPIXUS PRO-100でプリントした写真が。
お金かかりすぎだろ……これ。

こういういたれりつくせりな所が支持されている理由でしょうか。

普段一眼レフはPENTAXを使っていてその理由の一つに視野率約100%のファインダーがあるのですが、7DIIは視野率100%の倍率1.0倍。
K-3は倍率0.95倍。
PENTAX……

非常にいい経験ができたイベントでした。

コメント

非公開コメント

プロフィール

陽明

Author:陽明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数: