FC2ブログ

「GR 10th Anniversary “10th GReeting”」参戦記。

2015年10月24日、土曜日。
この日は原宿にあるラフォーレ原宿に。
そこの6Fにあるラフォーレミュージアム原宿で開催されたイベント・「GR 10th Anniversary “10th GReeting”」に行ってきました。


GR200枚目
土曜日の原宿なんてまず行きません(オイ)。
秋葉原がホームな私にとっては渋谷、原宿、表参道とかそういう場所はもう超アウェーです。
でも行きましたよ。だって、
GRが好きだから(オイ)。
GR201枚目
エレベーターに乗ろうものならきっと若い女性ばかりの中に入っていくことが容易に予想できたんでひたすら階段を上がっていきましたよ。
GR202枚目
会場案内図。
GR203枚目
自分だけのGRを創造しよう!コーナー。
会場に入るときにRICOHの袋を貰うのですが、その中に投票用紙が入っていてここで投函する流れ。
GR204枚目
その投票用紙がこちら。
一番右の選択肢。
私が希望は、

・コートのポケットに入って~
・APS-Cセンサーで~
・35mm判換算21mmの~
・F2.8で~
・シルバーカラーの~
・大体2000万画素で~
・マクロでホールのピザが撮れちゃう~
・センサーシフト手ぶれ補正搭載の~
・屋外で問題なく撮れる~
・ファインダーとかなくてもいいから~
・高解像度パネル搭載して~

実売価格3万円台のカメラをお願いしたい(オイ)。

……ちょっと待て。
一番右の選択肢ってRICOH側からしたら若干ボケが入っているということは、

シルバーの可能性は限りなく低い?

希望価格はともかく、昔GR21というカメラがあったんですから、それのデジタル版があれば広角好きとしては大いに惹かれます。

既にdp0(35mm判約換算21mm)持っているんですけどね。
それでも欲しくなると思います。

GRの伝統からして難しいとは思いますが35mmや50mmバージョンがあっても面白いと思います。
ただ、GRの本流は28mmをこれからも維持していってほしいですね。
GR205枚目
会場では歴代のGRも展示。
GR206枚目
私はGRからなので新参者です。
まだGR DIGITALの頃……R8とかCX4とか使っていたころは、
「ズームできないカメラ!何それ、不便じゃん!そんなカメラの何がいいの?」
なんて思っていたころが私にもありました。

現在は、
FA31mmを愛用し、
dp0を愛用し、
そしてGRの描写に惚れていると。

人生とはわからないものです(大げさ)。
GR207枚目
GR HISTORY。
【便利なズームレンズに見向きもせず】
うっ、む、胸が……
GR208枚目
絶賛使用中の「GR II」も。
多彩なエフェクトが素晴らしく、もうGRには戻れません。
なんか、GRに比べて彩度が濃いめになった気が。
……時々GRも使っていこう(オイ)。
GR209枚目
出た!GR IIのスペシャルキット!
GR210枚目
GRリングだけ売ってくれ(オイ)。
てっきりGRのようにボディカラーが変わったGR IIが出ると思っていたのですが、まさかの展開。
カラーが違うのであれば購入を検討したと思いますが、このキットは……。
一部持っているアイテムもありますし、ボディケースとかはまず使いませんし。

GR211枚目
GR DIGITAL5周年パーティーで展示された社内デザイナーによるカラーリングコンペモデル。
GR212枚目
右が素材のままのGR。
左が5年分の写真GR。
GR213枚目
右がGROSS BLACK GR。
左がGROSS WHITE GR。
GR214枚目
右がSuzuri_bako。
左がクリスタルデコレーションGR。
GR215枚目
GRデザインラフモデル。
GR216枚目
変な感想ですが、触り心地がめちゃくちゃいいです。
GR217枚目
なんかこう、お子様の積み木代わりに発売してこれを触らせておけば将来GRを手に……しないか。
GR218枚目

GR219枚目
会場限定GR DIGITALスペシャル終了画面書き換えサービスコーナー。
個人的に今回のイベントの目玉です。
GRとGR IIを持っていき2台とも書き換え完了。
通常は電源OFFの時はRICOHのロゴが出るのですが、書き換えによりスペシャルなものに。
このイベント限定でファームアップしても元の画面には戻らないとのこと。
GR220枚目
ざっくりとした会場内。
多くのGRユーザーが会場に。
GR221枚目
撮影禁止なので写していませんがGR II Galleryにはかなり大胆な写真もあったりなんかして。
GRの使い方は人それぞれなんだなと再認識。
GR222枚目
会場を出た後は入場の際に貰った袋の中に入っていたアンケート記入。
GRへの熱い思いを用紙にぶつけてきましたよ。
GR223枚目
戦利品。
アンケートに答えると先着でステッカープレゼントのステッカーとなぜか無料で配布していたクッキー。
調べると可食インクを使っているとのこと。
可食インク……そんなのがあったのか。
RICOHは元々複合機とかのメーカーですし、そういう印刷関係に強いことをアピールした……のかは不明。
GR224枚目
今回のイベントにはグッズ販売コーナーがあってその中でも目玉であろう限定500個のGR10周年記念リング。
1500円でした。

GR225枚目
10周年ということで星が10個。
GR226枚目
装着。
GR227枚目

GR228枚目

GR229枚目
持っているGRリングはこれで、
上から、
今回のイベント限定リング、
GR II初回限定付属リング、
GR予約購入時先着限定リング、
通常のリング。

予定があったので短い時間の滞在になってしまったのですが、行くことができてとても良かったです。
ただ何点か気になることがあるとすれば、

・RICOHのツイッターにあんまやる気が感じられない。
・販売グッズの値段が直前になっても記載がなくいくらか分からない。
・更に販売コーナーにRICOH以外のメーカーさんも来ていたけど直前にどの会社が来てどんな物を販売するか分からなかった。
・原宿でイベントなんておしゃれすぎる。アキバでやって(オイ)。

最後はともかくとして、まずツイッター……当日のツイートが全然という。
それこそ、トークショーの登壇者のプロカメラマンの人のツイッターの方がはるかに会場の様子をお伝えしていたというね。

後は販売関連。
「限定=結構なお値段」と思ってしまう人もそれなりにいるとは思うのであらかじめ値段記載すべきだったと。
あの場所では現金のみだったのでよりね。
更にGRのグッズを販売しているメーカーさんもブースを構えていたけど、結構なアイテムが揃ってました。
中にはこのイベント限定のも。
それが高品質だからなんでしょうが結構なお値段。
なので余計にどんなメーカーさんが来てどんなアイテム・グッズをいくらで販売するか前もって言っておけば準備もできたような気が。
まあ、考えてみればカメラ関連のイベントで何かを販売するのは結構ありますがあまり詳しく説明はない気も。
カメラ関連のイベントではそれが仕様なんでしょうかね。
だとしたら、今後カメラ関連のイベントに参加するときは多めに財布にお金を入れとかないと。

参加していませんが5周年のイベントがあってこの日10周年のイベントがあった。
となると、次は15周年でしょうか。
その際イベントがあった場合はぜひとも参加したいですね。
スポンサーサイト



殺生石訪問記。

2015年10月22日、木曜日。
那須岳→那須温泉神社と巡り、次に向かったのは殺生石です。
※ブログの仕様上写真サイズを縮小しています。
また一部黒線での加工を行っています。



殺生石1枚目
ここから「dp0」で。
殺生石2枚目

殺生石3枚目

殺生石4枚目

殺生石5枚目

殺生石6枚目

殺生石7枚目

殺生石8枚目

殺生石9枚目

殺生石10枚目

殺生石11枚目

殺生石12枚目

殺生石13枚目

殺生石14枚目

殺生石15枚目

殺生石16枚目
ここまで「dp0」で。
殺生石17枚目
ここから「GR II」で。
殺生石18枚目
HDR調にしたらとんでもないことに(笑)。
殺生石19枚目
あじさい小径。
殺生石20枚目

殺生石21枚目
この辺りは硫黄の臭いが凄いこと凄いこと。
……なんか調べたら、俗にいう“硫黄の臭い”って表現は間違いだとか。
硫黄自体は無臭で臭いの元は硫化水素だとかなんとか。

ただ、「この辺り一体、硫化水素の臭いが凄い」って表現はなんかあぶなっかしい感じがするので「硫黄の臭い」でいいやということで(オイ)。
殺生石22枚目

殺生石23枚目
殺生石の由来。
殺生石24枚目

殺生石25枚目

殺生石26枚目
教伝地獄の由来。

殺生石を見学した後は帰路に。
写真撮ってないですが色んな所によっておみやげ買って帰りました。
おしゃれなお店多数&おしゃれなおみやげ多数でしたねぇ。
那須は初めてでしたが、今度来ることがあれば寄ってみたいお店がたくさんありました。
また訪れたいですね……那須。

写真に関してはこの旅行のために「dp0」と「GR II」買ったようなものなんですが、どちらも買ってよかったなと。
上の写真はやむなく(ブログの写真のアップできるサイズが5MBまでなので)どれも縮小したんですが、

オリジナルを等倍で見ると笑う。
両方買って正解でした。
プロフィール

陽明

Author:陽明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数: