FC2ブログ

稚拙&簡潔ではありますが、RICOH 「GR」のレビュー。

5月24日にヨドバシAkibaでGRを購入し、その2日後に旅行に。
いつもなら一眼レフを持って出かける所を、今回はGRのみで旅することに。
個人的に一番良いと思ったのは、気軽に使えるコンパクトさです。
今までの一眼レフの場合は、
カバンorリュックからカメラを取り出し、カメラキャップを外すという工程がありましたが、GRの場合は、
ポケットから取り出す→電源ONで撮影に入れます。
コンデジ感覚です。
長い間一眼レフを使ってきた私には軽いし楽だしと良いことづくめでした。
一眼レフ装備に比べ重量も大幅に軽減。
いつも以上に神社やお寺を参拝することが出来たと思います。
また、お店の中でも気軽にサッと取り出せるのも大きかったですね。
お店の中で一眼を使うのは、中々気が引けるもんで……
GRだとそれがなく、マクロモードで食べた物を撮影することが出来ました。
今回の旅行ではいつも以上に料理の写真を撮りましたし撮れました。
もっとも気になった所もあります。

手ブレ補正機能がないので補正機能付きのカメラを使ってきた感覚で使うとブレることもしばしばありました。
また、個人的にはシャッターボタンが軽い気が。
半押しのつもりで押したら、シャッター切っちゃったってことも。
後はMFの調整が一眼と比べると面倒なことですかね。


とはいえ、しばらく使って慣れてくるとスムーズに撮影が出来ます。
スムーズに撮影できるように作られていると思います。このGRは。
そんなわけで、GRで撮った写真を幾つかここで。
ただブログ用に縮小しているので撮った写真そのままではないですが。
設定はビビッドに変えています。
全てjpeg撮って出しです。



「GR」48枚目
興福寺の五重塔。
GRレンズは逆光に強いですね。
またNDフィルター内蔵なので、NDフィルター設定をAUTOにしておけば、いざという時に
つNDフィルター
とサポートしてくれます。

「GR」49枚目
鹿。
撮りたいと思ったらサッと取出しサッと撮る。
一眼レフの時に比べ軽快に撮影できました。
「GR」50枚目
吉野の奥千本。
「GR」51枚目
GRは軽量なので、山道を歩く時も一眼レフに比べ負担が大幅に軽減されました。
「GR」52枚目
快晴の時に撮りたかった……
「GR」53枚目
マクロモードで絵馬もこの通り。
聖地巡礼のお供にGR。
「GR」54枚目
28mm(35mm判換算)というのも個人的に高ポイントでした。
広角レンズ好きなんで。
もし、35mmとかだったら購入したかどうか。
35mmだったら「NEX-5R」買ってたね(オイ)。
「GR」55枚目
広角レンズなので大きな建物もバッチリ。
「GR」56枚目
奈良の大仏。
暗所だとAFのスピードが遅くなりましたね。
ISOもAUTOだと結構ドーンと上がりました。
手ブレ補正がないのでスピードによってはブレます。
明るい所だと無問題ですが、この辺はやはりコンパクトさを追求した結果なんでしょうか。
「GR」57枚目

「GR」58枚目

「GR」59枚目
設定をスタンダードからビビッドに変えてあるので、鮮やかな発色に。
「GR」60枚目
一眼レフだったらまず撮らなかったと思うであろう写真。
気軽に使えるのもGRの魅力です。

「GR」61枚目
吉野のくずきり。
「GR」62枚目
抹茶パフェ。
おそらく、今までの旅行で一番、料理の写真を撮ったかもしれません。
基本、一眼レフで風景写真派なので。
マクロモードがあると色々と撮影したくなります。
「GR」63枚目
マクロでお花を。
「GR」64枚目
トリミング。
GRだとデジタルで拡大してより細かいピント合わせが出来ました。
「GR」65枚目
ボケテスト。
個人的にボケを意識して写真を撮ることはあまりありません。
メインのレンズがF3.5~6.3のズームレンズなので。
GRはF2.8。
ピンポイントで合わせて色々と撮ってみました。
欲を言えばもっとF値を……とは正直思いますが(笑)、コンパクトさを考えるとF2.8が落としどころだったんだと思います。
幾つかの場面でF2.8の開放で撮りましたが、全体的に良く撮れていると感じました。
今回の旅行では主にF2.8、F4.0、F5.6の3パターンで撮りました。
手ブレ補正がないので、補正がある一眼レフに比べるとシャッタースピードは多めに確保しての撮影でした。
何かあれば即開放でしたね、そういえば(笑)。
「GR」66枚目
ええ買い物したわ!ホンマ。
今度、大洗に行くことがあれば持って行こう(笑)。


そんなわけで、稚拙&簡潔ではありますがGRの感想でした。
今後はPENTAXだけでなく、RICOHの動向にも大いに注目したいですね。
スポンサーサイト



愛機の紹介4機目。

2013年5月24日、金曜日。
この日は秋葉原のヨドバシカメラに。
新しいカメラを買いました。


「GR」1枚目
買ったのはRICOHの「GR」です。
・・・当初は買う予定は全然ありませんでした。
この日はSONYの「NEX-5R」を買いにヨドバシに行きました。
色々調べて、「画面をタッチするだけで撮影できちゃうなんて素敵!」と思い、購入を決意してヨドバシに。
99.9%買うつもりで行きました。
で、この日はGRの発売日初日。
売り場を見てみると、デモ機が2台ありました。
せっかくなので「試しに触ってみよ~っと♪」と、

思ったのが運命の分かれ目に。

漢のロマンを感じるデザイン。
APS-Cセンサー搭載なのに非常にコンパクト。
広角28mm相当(35mm判換算)の18.3mm、F2.8のこだわり抜いたGRレンズ。
2つのダイヤル付きでスムーズな操作。
新開発の“GR ENGINE V”
操作も反応もいたって快適。
PENTAXユーザーにはなじみの深い、“TAv”モード搭載。
センサー大きくしたけど、マクロモードで10cmまで寄れる。
K-5やK-30ユーザーにはたまらない、親指AFボタンも。

そして何より、RICOHの販売員の熱意と情熱と思いと心意気。
これが決定打でした。
で、たまたま(ここ大事)予約キャンセル分が出たので、それを数台販売しているという話でした。
買うかどうか非常に悩みました。
だって、

元々「NEX-5R」を買いに来たんですから(笑)。
しかし、次々と色んな人がGRに触れ、私の目の前で購入を決意してた人も。
さっきも書きましたが、今ある分はキャンセル分が数個、在庫であるのみ。
このまま悩んでいると在庫分が無くなりそうな勢いでした。
また、RICOHの人も、
「RICOHにとってGRは特別」
「これはこだわりの自信作!」
というポジティブ発言と

「もしこれが受け入れられなかったら・・・RICOHは終わり・・・」というネガティブ発言を織り交ぜて、丁寧に説明してくれました。
このRICOHの人の発言に私は、

「おいおいおい・・・RICOHに何かあったら、PENTAXにも影響が出てくるじゃないか・・・」
と動揺。
「K-5IIsの後継機や待望のフルサイズ機が遠のく可能性が出てくるのか・・・」
と不安が増大。
で・・・

Q.いつ買うの?

A.今でしょ!
で、購入決定です(笑)。
まあ、元々RICOHのデジカメを買ったのがきっかけで私のカメラ人生が始まりましたから、これも何かの縁ということで。
「GR」2枚目
ざっとですが付属品を。
左上がハンドストラップ。
右上がUSBケーブル。
左下がUSB電源アダプターと電源プラグ。
右下がリチャージャブルバッテリーです。
撮っていませんが、CD-ROMと説明書も付属。
「GR」3枚目
電源アダプターと電源プラグはこのように分離していますが・・・
「GR」4枚目
合体!します。
「GR」5枚目
合体状態。
ここに付属のUSBケーブルを付けて本体にセットすると充電することが出来ます。
「GR」6枚目
本体にセット状態。
昔は充電器が付属してたそうですが、今回のGRはこういう仕様に。
今までのような充電器は別売りになりました。
「GR」7枚目
本体正面。
右下の白い“GR”がナイス。
「GR」8枚目
本体裏。
画像モニターはなんと3型の123万ドットです。
私が使っている機種は92万ドットで、それでも全然綺麗だと思ってましたが・・・

123万ドット・・・恐るべし。
めちゃくちゃ綺麗です。

ちなみに・・・GRと一緒にヨドバシでKenkoのGR用の液晶フィルムを買い、貼り付けサービスを利用しました。
気泡は皆無です。
「GR」9枚目
本体上。
APS-Cセンサー搭載でこれだけコンパクトは凄いですね。
「GR」10枚目
私が使っている「K-5&FA31mm」とのざっくりな比較。
GRはレンズ収納状態です。
差は歴然。
まあ、K-5はK-5で見やすいファインダーや良いグリップがあり、FA31mmも非常に描写が凄いレンズですがね。
どちらが気軽に持って行けるかと問われれば、明らかにGR側に軍配が。
「GR」11枚目
現在メインで使っている「K-5IIs&DA18-270mm」とのざっくりな比較。
便利ズームは本当に重宝していますし、K-5IIsもお気に入り。
が、それなりにずっしりです。
やはりGRの方が遥かにコンパクト&軽量です。
場合によっては、
メインはK-5IIS&DA18-270mm。
サブでGRという使い方もしていく予定です。
・・・メインとサブが逆になる可能性もありますがね。
食事処で料理の撮影とかはGRの方が取り出しやすく、使いやすいでしょうね。
「GR」12枚目
サブ時々メインで使っている「K-30&DA15mm」とのざっくりな比較。
DA15mmは広角レンズとしては非常にコンパクトで評価の高いレンズで、K-30も性能の高いミドル機ですが、GRと比べると差が。
センサーの大きさはどちらもAPS-Cなのに、これだけコンパクトにできるとは・・・。
あっ・・・ずっと電源OFF状態で比べていた・・・。
「GR」13枚目
こちらが電源ONの状態。
電源ONにするとレンズが出てきますが、それでもGRはコンパクト。
このコンパクトさは助かります。
長い間カバンに一眼レフを入れていると結構な負担になりますしね。
カバンのスペースにも余裕ができます。
「GR」14枚目
本体右側。
「GR」15枚目
横幅はSDHCメモリーカードよりちょっと大きいぐらいです。
「GR」16枚目
本体左側。
エフェクトボタンはその名の通り、撮影中に押すとエフェクトを選ぶことが出来ます。
オープンの所を下に引くとフラッシュが出てきます。
「GR」17枚目
フラッシュは本体右上に。
「GR」18枚目
本体下。
「GR」19枚目
バッテリー&カード入れ。
「GR」20枚目
バッテリー&カード装着状態。
「GR」21枚目
レンズバリアも装備。
「GR」22枚目

「GR」23枚目
コンパクトでありながらもダイヤルは2つ。
これが非常に便利で使いやすいです。
一番上のがダイヤルで、その下がシャッター。
さらにその下が電源ボタンです。
右側にあるのはモードダイヤル。
上にちょこんとあるのはダイヤルロックボタンです。
「GR」24枚目
もう一つのダイヤル。
その下には親指AFボタンも。
右端には再生ボタンと+&-ボタン。
「GR」25枚目
PENTAX使いにはおなじみのTAvモードがGRに。
「GR」26枚目
TAvモードに設定すれば、上のダイヤルでF値を変えられ、後ろのダイヤルでシャッター速度を設定できます。
そうすればISOはカメラがオートで設定してくれます。
これが楽で使いやすいです。
「GR」27枚目
ホットシュー。

いやあ、とても使いやすく、一通りの物は揃っているなぁと感じました。
GR・・・買って良かったです。


すまぬ・・・「NEX-5R」よ(オイ)。
もし、お店でGRを触る前にNEXの所に行っていたらほぼ確実に買っていました。
それだけ欲しいと思ったカメラです。
まっ、結果はこういう結果になりましたが(笑)。


【NEX-5Rを買いにヨドバシに行ったらGRを買ってしまったでござるの巻】に。
「GR」28枚目
GR本体と一緒に購入した予備のバッテリー「DB-65」とソフトケース「GC-5」。
「GR」29枚目
バッテリーチャージャー「BJ-6」。
「GR」30枚目
これと予備バッテリーがあれば、1つはこちらで充電し、もう1つは付属のUSBチャージャーで同時に充電することが出来ます。
「GR」31枚目
バッテリー装着状態。
「GR」32枚目
本革製ハンドストラップの「GS-2」。
「GR」33枚目
上が「GS-2」で下がGRの付属品ストラップ。
差がありすぎる・・・。

「GR」34枚目
GRには様々なオプションがありますが、とりあえずはハンドストラップ&ソフトケースのコンビで使っていきます。
「GR」35枚目
ソフトケース「GC-5」。
「GR」36枚目
GRを入れた状態。
「GR」37枚目
ケース先端にマグネットが仕込まれていて、近づけるとくっつきます。
「GR」38枚目
分離も可能。
「GR」39枚目
GR用のメモリーカードとして、東芝の「EXCERIA」緑タイプ32GBを2枚購入。
GRは“UHS-I”規格に対応しています。

この画像のみGRで撮影しました。
TAvモードでF2.8。
速度は1/15。
ISOは250です。

素晴らしい・・・。
買って良かった・・・。


私事ですが、
明日から旅行なので、早速GRで色々と撮影してきます。
GRのみで撮影してきます。

・・・
一眼無しで旅行なんて何年ぶりだろう(笑)。

※追記

旅行先でGR使っています。
繰り返しになりますが、買って良かったです。
で、自分仕様に変更することにしました。
どういうことかと言いますと・・・

「GR」40枚目
まずこちら。
駅弁をGRで撮影しました。
設定は変更せずスタンダードで撮影。
肉眼で見たそのままの写真を撮ることが出来ます。
一方・・・
「GR」41枚目
こちらの写真は設定をスタンダードからビビッドに変えて撮影。
スタンダードから比べると色合いが濃くなりました。

これは人によって好みの問題になってくると思いますが、私はスタンダードよりビビッドの方が良いと思いました。
人によっては必要以上に“コテコテ”と感じる人もいるかもしれませんが。
GRではスタンダードとビビッドの設定があり、お好みで選択できます。
また、彩度やコントラストやシャープネスを自分で選択して自分だけの仕様も作ることが出来ますので、スタンダードもビビッドも自分にはちょっとな・・・という方は自分で好みの設定を作れますよ。

「GR」42枚目
奈良のマスコット。
こちらはスタンダードで。
「GR」43枚目
こっちはビビッドで。
肉眼で見た感じはスタンダードの方が近いです。
PENTAX機を使い続けているからでしょうか・・・個人的にはやはりビビッドの方が好みです。
そんなわけで、今の所は設定をビビッドに変えて撮影しています。
旅行初日・・・GRで色々撮ってきました。
いやあ・・・
楽!
サッとポケットから出してサッと撮影できます。
ズームレンズがないので遠くの物は撮れませんが、コンパクトで良い単焦点レンズを搭載しているGRは旅行のお供として素晴らしいです。
一眼の出番が大幅に減ることはほぼ確定しちゃいましたね(笑)。
サッと取り出してサッと撮る。
もしかしたら自分にはこのスタイルがあっているのかもしれませんね。


※追記2

やはり自分にはスタンダードよりビビッドの方が合っているようです。

「GR」44枚目
興福寺南円堂。
「GR」45枚目

「GR」46枚目
お花。
AFも通常の他にピンポイントAFがありますし、特定の所を拡大して見ることも出来るので、より細かいピント合わせが出来るようになってます。
「GR」47枚目
上のをトリミングしたもの。
設定がビビッドなので色が鮮やかに。
まだGRを全然使いこなせてはいませんが、良い感じです。
プロフィール

陽明

Author:陽明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数: