FC2ブログ

SIGMAのカメラに合う腕時計購入記。

2016年10月8日、土曜日。
楽天で注文していた物が届きました。

腕時計買いました。

SIGMA208枚目
ナイスな梱包。
SIGMA209枚目
購入したのは
Issey Miyake【イッセイミヤケ】の「C」シリーズ・「NYAD007」です。

イッセイミヤケではデザイナーごとにシリーズが展開されているようです。
その中で今回私が購入した「C」シリーズはプロダクトデザイナーの岩崎一郎氏がデザインを担当。
岩崎一郎氏はプロダクトデザイナーとして数々のデザインを手掛けている人なんですが、デザインを担当した物の中にはあの、

SIGMAの「dp Quattro」シリーズが。
私も「dp0 Quattro」を愛用していますが、購入した大きな理由の一つはカメラのデザイン。
最初にカメラの画像見た時ぶったまげました。
もうなんか、色んなものをそぎ落とした感じといい、他のカメラに多い前方向ではなく後ろに出たグリップ。
デザインだけで欲しい!と思ってしまいました。

とはいえ、最初に出た「dp2 Quattro」は焦点距離30mm(35mm判距離約45mm)と自分にはPENTAXのFA31mmがあったし、どちらかと言えば広角派だったのでデザインはめちゃくちゃ好きだったんですが見送り。
次に出た「dp1 Quattro」も焦点距離19mm(35mm判換算約28mm)とこれも自分が持っているRICOHの「GR」とほぼ同じ。
広角派なのでその後出た「dp3 Quattro」は自分の使い方には合っていないと判断してこれも見送り。
「dp1 Quattro」がもっと広角だったらなぁ……なんて思うこともしばしば。
そうしたら後日、
焦点距離14mm(35mm判換算約21mm)で
“ディストーション・ゼロ”を謳った「dp0 Quattro」が登場。

買いました。
絶賛愛用中です。
SIGMA210枚目
で、この腕時計なんですが、存在を知ったのはSIGMAの山木社長のツイッターです。
社長がツイッターで腕時計を買ったことをツイートしたんですね。
リンクが貼ってあったんで見てみたらまあ、かっこいいことかっこいいこと。
社長は白の文字盤の方を買ったようですが、私は貼ってあったリンクをクリックして最初に出てきた黒の文字盤にシルバーのベゼルに心奪われました。
とはいえ、あの……
ノリにノってるSIGMAの社長が買うような時計なんだからきっとお高いんでしょう?

と思ったらそうでもない。


そうでもないというと語弊があるかもしれませんが、【社長がするような時計=数百万、数十万】のイメージからするとお買い得という意味での“そうでもない”です。
10万どころか5万円でもお釣りが来るレベル。


で、この時計をデザインしたのが「dp Quattro」シリーズのデザインを手掛けた岩崎一郎氏と後に知ることになると。

おそらく、コアなSIGMA好きの人は“岩崎一郎”という文字を見た瞬間その人がSIGMAのカメラのデザイナーだとすぐに気付くでしょう。
ただ、その時の私はそうではなかった。

「(リンク先のプロフィールを見て)ほうほう……岩崎一郎という人がデザインしたのか~」→
「へぇ~今までインテリアやデジタルカメラや携帯電話のデザインを!」→
「……うん、デジタルカメラ?」→
「(SIGMAの社長が買ったことを踏まえ)……ははっ、まさかね~」→
「カチカチカチ(岩崎一郎氏のサイトにアクセス)……」→



「dp Quattro」のデザイナーやんけ!!!
以前からSIGMAのカメラデザインにはデザイナーが関わっているというのは知っていましたが、その人が誰かは知りませんでした。

熱烈シグマファンなら即座にそれが誰かまで調べるのでしょうが、私はそこまでは調べませんでした。
で、
私は腕時計経由でそれを知ると。
驚きましたね(笑)。

で、デザインは申し分ないのですが、仕様を見ると普段使っている「G-SHOCK」とは大きく違う部分が。
電波ソーラーじゃない。
なのでしばらくすると時刻がずれるし、太陽光に当ててもバッテリー充電とはならない。
しばらくしたら電池が切れると。

ここで悩みました。
デザインも大事ですが私が腕時計に求めている物は実用性なので。
で、一回購入は断念しました。
既に時計はあるし、今すぐ必要ではなかったわけでもない。
この時計を買う分のお金で他のカメラ関連商品買えるよなとも思ったので。


そしたらですよ、先日……

10月8日に、
文字盤も黒ならベゼルも黒のオールブラックモデルが新たに出ることを知ったんです。


あまりのかっこよさにK.O.ですよ(笑)。
発売前予約しましたよ。


あの【腕時計=G-SHOCK】の私がですよ(オイ)。
電波ソーラー機能付きじゃない時計は購入候補から除外してきた私がですよ。
電波でもなければソーラーでもない時計を買ったと。

SIGMA211枚目
ギャランティカード。
SIGMA212枚目
箱はとってもシンプル。
SIGMA213枚目
時計本体。
いいね。
SIGMA214枚目
素晴らしいね。
SIGMA215枚目
大事に使っていこう。
SIGMA216枚目
最後に「dp0 Quattro」と。
一緒に並べるとなんか通ずるものがある気が。
スポンサーサイト



dp0 Quattro撮影記……夜の秋葉原編。

2015年10月2日、金曜日。
この日は秋葉原に。
主な目的は買い物で撮影は何かあれば撮ろうかなぐらいの気持ちでした。
買い物を一通り済ませて店を出ると外は既に夜。
この日は持っていったのはdp0 Quattroのみ。
dp0の夜景は手持ちでは結構厳しい。
なのでこの日の撮影はなしだなと思い駅に向かって歩いていたら……
街のあちこちに良さげな台代わりがあるじゃないか。
良さげな手すりがあるじゃないか。
なことに気付く。

というわけで夜間の撮影を決行。

低感度でじっくり撮影してきました。
※ブログの仕様上撮った物そのままだと載せられない場合があるため写真のサイズを縮小しています。
オリジナルは5424×3616ですが、それを3000×2000に縮小。
スタンダードでカメラ内RAW現像してます。



SIGMA185枚目
三脚は持っていますが全然使わず。
夜景もまず撮らない。
主に朝や昼に手持ちで撮影なタイプな人間が手探りの状態で色々と撮影と。
マニュアルで30秒撮影したりF22で撮影したり。
SIGMA186枚目

SIGMA187枚目

SIGMA188枚目

SIGMA189枚目

SIGMA190枚目

SIGMA191枚目

SIGMA192枚目

SIGMA193枚目

SIGMA194枚目

SIGMA195枚目

SIGMA196枚目

SIGMA197枚目

SIGMA198枚目

SIGMA199枚目

SIGMA200枚目

SIGMA201枚目

SIGMA202枚目

SIGMA203枚目

SIGMA204枚目

SIGMA205枚目

SIGMA206枚目

SIGMA207枚目
じっくり撮影するのも悪くない。
失敗も多々ありましたが、自分の中で「おっ!」な写真が少ないですが撮影できたのは良い経験になりましたね。
プロフィール

陽明

Author:陽明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数: