FC2ブログ

安倍文殊院訪問記。

2015年2月19日、木曜日。
旅行2日目。
この日は奈良に。
最初に向かったのは安倍文殊院です。


安倍文殊院1枚目
安倍文殊院の御朱印で「大和七福八宝霊場」の「弁財天」の御朱印です。
本堂近くの拝観受付でお願いしました。
御朱印の見本(2種類)があったので分かりやすいと思います。
調べると他の霊場の御朱印もあるようですが、見本は2種類のみでしたので御朱印は全部欲しい方はお寺の人に尋ねるといいかと。
安倍文殊院2枚目
安倍文殊院の御朱印です。
こちらも拝観受付で。
御朱印帳を預けて拝観後に受け取る形でした。
安倍文殊院3枚目
京都からは近鉄特急で大和八木で一旦下車し乗り換えで桜井に。
桜井駅から徒歩で安倍文殊院に。
駅前にはバスとかタクシーもあり、特にタクシー乗り場は「桜井周辺の観光地へはぜひタクシーをご利用ください!」的な案内がありましたが徒歩で。
安倍文殊院4枚目
山門。
安倍文殊院5枚目
安倍文殊院。
華厳宗のお寺で山号は「安倍山」です。
京都府宮津市にある切戸文殊、
山形県高畠町にある亀岡文殊とともに日本三文殊に数えられる寺院です(諸説あり)。
「三人寄れば文殊の智恵」の格言はここ安倍文殊院の文殊菩薩から生まれたそうです。
その名のごとく「安倍氏」に関わりが深く、陰陽師として有名な安倍晴明もここで修行したとか。

安倍文殊院6枚目

安倍文殊院7枚目

安倍文殊院8枚目

安倍文殊院9枚目
手前に写るのが手水舎。
奥に写るのが本堂。
本堂左手に拝観受付が。
安倍文殊院には拝観料が必要な所が2ヶ所あります。
1つ目は本堂。
2つ目は金閣浮御堂です。
それぞれ拝観料は700円かかります。
が、2ヶ所に入れる共通拝観券というものがあり、お値段は1200円とお得に。
ここで一つ思うのは、

「安くなるとはいえ、1200円かかるのかよー」と思う人がいるかもしれないこと。
確かにお寺の拝観で1200円は中々のお値段になります。

が、

全然そんなことはありません(経験者談)。
むしろ、


「えっ、これだけ付いて1200円でよろしいんですか?」レベルです。

まず本堂ですが、入ってすぐにお抹茶とあんこ入りのらくがんが振る舞われます。
両方美味い。
で本堂内には四国八十八ヶ所霊場の各札所のお砂が一ヶ所に集められており、それを「お砂踏み」として体験することができます。
更に安倍文殊院のお砂と
京都府宮津市にある切戸文殊のお砂と
山形県高畠町にある亀岡文殊のお砂が一ヶ所に集められた「日本三文殊お砂踏み」も。
安倍文殊院に行けば「四国八十八ヶ所霊場」と「日本三文殊」を参拝したことと同等の御利益が受けられるのです!

そして本堂中央には国宝の渡海文殊が。
マジで国宝レベル。
国宝の中の国宝レベル。

こういうのってあんまりお金お金で判断するのもどうかと思いますが、
渡海文殊を観るだけで十分1200円以上の価値はあると思います。
少なくとも私は思いました。
公式サイトでも渡海文殊の画像はありますが、
生で観るとその迫力・存在感は圧倒的に差があります。

そして金閣浮御堂の方はお守りとおさめ札が付いてきます。
おさめ札については後で説明しますが、金閣浮御堂内の霊宝館拝観だけでなくお守りも付いてくる。
これで1200円は安い!(個人の感想)
安倍文殊院10枚目
木瓜の花説明。
安倍文殊院11枚目
文殊菩薩説明と案内。
安倍文殊院12枚目
手水舎。
安倍文殊院13枚目
金閣浮御堂。
安倍文殊院14枚目
阿倍仲麻呂公望郷詩碑。
安倍文殊院15枚目
阿倍仲麻呂公望郷詩碑説明。
安倍文殊院16枚目
安倍つながりだからか、第九十代内閣総理大臣・安倍晋三氏の献燈籠が。
安倍文殊院17枚目
文殊院西古墳。
安倍文殊院18枚目
文殊院西古墳説明。
安倍文殊院19枚目
「特別史跡」 文殊院西古墳説明。
安倍文殊院20枚目
古墳内より。
中には願掛け不動が。
安倍文殊院21枚目

安倍文殊院22枚目
奥の院案内図。
安倍文殊院23枚目

安倍文殊院24枚目
合格門。
材木は松で、一足先にこの門を抜けて合格を「まつ」ということ。
安倍文殊院25枚目
晴明堂。
安倍文殊院26枚目
晴明堂説明。
安倍文殊院27枚目
天文観測の地石碑。
安倍文殊院28枚目
「ジャンボ花絵」説明。
安倍文殊院29枚目

安倍文殊院30枚目
ウォーナー博士報恩供養塔。
安倍文殊院31枚目

安倍文殊院32枚目
ウォーナー博士報恩供養塔説明。
安倍文殊院33枚目
展望台からの眺め。
安倍文殊院34枚目
ジャンボ花絵。
安倍文殊院35枚目
閼伽井古墳(東古墳)とその説明。
安倍文殊院36枚目
文殊院東古墳説明。
安倍文殊院37枚目

安倍文殊院38枚目
弘法大師像と石佛群。
安倍文殊院39枚目
石佛説明。
安倍文殊院40枚目
十一面観音像。
安倍文殊院41枚目
十一面観音像とご分身奉納仏説明。
安倍文殊院42枚目
ご分身奉納仏。
安倍文殊院43枚目

安倍文殊院44枚目
白山堂。
安倍文殊院45枚目
白山堂説明。
安倍文殊院46枚目
再び金閣浮御堂。
安倍文殊院47枚目
金閣浮御堂受付でお守りとこのおさめ札を貰います。
このおさめ札ですが。

金閣浮御堂の周りを左から回って正面の賽札箱におさめ札を1枚入れて祈願をする。
それを7回行うというもの。
祈願といっても「お金持ちになりたい!」とかのお願い事ではなく、
「病気にならないように」など厄除けや災難除けなどの祈願限定だそうです。
それを7回金閣浮御堂の周辺を回ります。

安倍文殊院48枚目
金閣浮御堂の内部は霊宝館となっていて、安倍仲麻呂像や安倍晴明像が。
安倍文殊院49枚目

安倍文殊院50枚目

安倍文殊院51枚目
稲荷神社。
安倍文殊院52枚目
金閣浮御堂 霊宝館案内。
安倍文殊院53枚目
オフシーズンの平日だったからかのんびりじっくり参拝できて大満足でした。
近隣に大きな駐車場があることを考えるとこういう参拝はオフシーズンだからできた参拝なんでしょうね。
この後は大神教本院に。
その模様はまた別の記事でお伝えします。
スポンサーサイト



プロフィール

陽明

Author:陽明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数: