FC2ブログ

ハナヤマタスタンプラリー参戦記。

2014年9月5日、金曜日。
この日は鎌倉・江の島に。
目的は……

「ハナヤマタ」のスタンプラリーデス!


ハナヤマタ19枚目
小田急江ノ島線で藤沢に。
今回はRICOHのGRのみで。
ただ、いつもの設定のビビッドからポジフィルム調に変えての撮影。
あと、基本ISOは400に。
いつもはISO100ですがカメラ誌でプロのカメラマンが結構ISO400で撮ってるんですよね。
なので自分もISO100でもいい所、ISO400で。
その方がダイナミックレンジとかのあれで白とびしにくいのでしょうね。
ハナヤマタ20枚目
ハナヤマタスタンプラリーは江ノ電に乗り
藤沢駅で「ハ」
江ノ島駅で「ナ」
七里ヶ浜駅で「ヤ」
長谷駅で「マ」
鎌倉駅で「タ」
の5つのスタンプを押していくというものです。
駅で用意されてある専用用紙に5つのスタンプを押して藤沢か鎌倉駅の駅窓口に持って行くと賞品として
ハナヤマタOP「花ハ踊レヤいろはにほ」の きせかえCDジャケットが貰えます。
別にどの駅から始めてもいいですし、イベント期間内に5つのスタンプを押せばいいという“任務”です。

私は藤沢→江ノ島→七里ヶ浜→長谷→鎌倉という順で行くことに。
個人的には距離や乗り換えなどを考えると鎌倉から始めた方がいいのですが、やはりここは
藤沢「ハ」→江ノ島「ナ」→七里ヶ浜「ヤ」→長谷「マ」→鎌倉「タ」
と順打ちでいきたいということで。

逆からだと“タマヤナハ”だし(オイ)。
タマヤナハって……舞台が鎌倉から沖縄に。
よさこいから花火になりそうだし(笑)。


ハナ「三尺玉打ち上げませんか?」
じゃねぇ……
ハナヤマタ21枚目
そんなわけで藤沢駅からスタート。
スタートの際に駅窓口でスタンプラリーの用紙とコラボ入場券を購入。
前回のメガ切符ではコテンパンでしたが、
今回は数量が2000ということでまだ残っていました(メガ切符は500)。
驚いたのが駅員さんが「何部ですか?」と聞いてきたこと。
てっきり1人1セット限定と勝手に思ってました。
帰ってから調べると1人5セットまで買うことが出来たようで。
まあ、個人的には1つでいいかなと。
後に訪れる多くの“ヤマター”の人の分も残しておかないといけないし(オイ)。
ハナヤマタ22枚目
藤沢駅ホームでスタンプを。
改札抜けて左にあります。
スタンプは全て駅のホーム内にあります。
ここで1つ思ったのはスタンプのインク写りを防ぐための紙を持ってくるべきだったこと。
というのも、スタンプを押している間に電車が来たので乾かす間もなく用紙を閉じたら反対側にインクが……
スタンプのクオリティにもこだわりたいという人は写りを防止するための挟み紙を持って行くといいでしょう。

ハナヤマタ23枚目
江ノ電に乗り次の目的地の江ノ島駅に。
スタンプは駅の待合室に。
なるちゃんだけ唯一の屋内設置です。
冷暖房完備の。

ハナヤマタ24枚目
平日ということもあってか人は少な目。
少なくとも夏休みの土日に比べたら遥かに。
スムーズに回ることができました。
ハナヤマタ25枚目
藤沢からスタンプラリーを始めた場合、待合室は向かいの1番線のホームにあるのでそこまで歩きます。
鎌倉から始めた方がよりスムーズに回れることでしょう。
が、歩く距離はそんなに変わりません。
踏切渡るぐらいですから。
藤沢から始めた場合に踏切を渡っていく必要があるのは江ノ島と長谷です。

ただ、気持ちの問題ですが鎌倉からだと“玉屋那覇”になるんだよなぁ(オイ)。
ハナヤマタ26枚目
世界よ、これが日本の駅だ(オイ)。
ハナヤマタ27枚目
時刻表。
大体で1時間に5本の12分間隔で運行。
降りてスタンプ押して次の電車……という流れには十分な時間……だと思います。
思いますというのは今回行った日が平日だったので十分な時間でしたが果して土日がどうなることやら。
ちなみにこの日の参加者は見た限りちらほらのレベルでした。
なので並ぶということはほぼ無しで進めました。
予想外だったのが女性参加者が結構いたこと。
てっきり「ハナヤマタ」って男99%と思っていたら意外に多いこと多いこと。

ハナヤマタは男女共に人気デス。
ハナヤマタ28枚目
江ノ島駅で撮った路線図。
ハナヤマタ29枚目
江ノ島駅ホーム。
ハナヤマタ30枚目
江ノ島駅風車。
ハナヤマタ31枚目
江ノ島駅で次の電車に乗ろうとしたらなんとハナヤマタヘッドマークが!!!
そして乗車したらなんと進行方向とは逆になりますが、1人のみが座れる特等席が空いてるし!
更に更に

乗った車両内が全部ハナヤマタ仕様!!!
さすがに内部の写真は撮れませんでしたが……七里ヶ浜に向かう間夢のような一時を。
しかも江ノ島から七里ヶ浜までの間広大な海岸線走りますし。

前回のハナヤマタ巡礼はもう踏んだり蹴ったりでしたが……
鎌倉の神仏は我を見捨てなかった(オイ)。
ハナヤマタ32枚目
七里ヶ浜駅。
今回の5駅の中で七里ヶ浜のみホームが一つなので時と場合によっては大混雑になる可能性があるので注意です。
よく見ると至る所にスタンプの跡が……
全く、なんてことを!
そんなことをする輩には、

字が汚くなる呪いを……って、おや?こんな時間に来客が。
ハナヤマタ33枚目
長谷駅。
ハナヤマタ34枚目
藤沢から始めた場合は踏切を渡る必要があります。
ハナヤマタ35枚目
長谷のスタンプ台。
で、ここだけではないのですが外国の観光客の人もスタンプを押してたりしました(笑)。
おそらく、観光記念のスタンプと思って押したのでしょう。
江ノ電の駅には観光記念のスタンプが置いてあったりします。
ある観光客は大仏のスタンプの隣に
「マ」のスタンプを(笑)。
ハナヤマタ36枚目
藤沢→江ノ島→七里ヶ浜→長谷と回って終点の鎌倉駅に。
ハナヤマタ37枚目
鎌倉駅のスタンプ台。
改札近くに設置。
ここでも外国の人がパンフレットらしき物にスタンプを押してました。
ハナヤマタ38枚目
他に設置場所無かったんですかねぇ……
ハナヤマタ39枚目
鎌倉駅にはこんな案内も。
よしよし、ちゃんと語尾に「デス」を付けてますデスね。
ハナヤマタ40枚目
5つのスタンプを押した後は駅の窓口に。
無事に賞品を頂くことが出来ました。

平日だったのが幸いだったのか、思った以上にスムーズに回ることが出来ました。
用紙も商品もコラボ入場券も全部入手できましたし。
今回は大成功と言えるでしょう!

無事にスタンプラリーを終えた後は鎌倉駅から歩いて荏柄天神社に。
その模様はまた別の記事でお伝えします。
ハナヤマタ42枚目
入手できたコラボ入場券。
てっきり入場券のみのセットかと思いきや、通学定期も。
これを見た時に「おっ、江ノ電はハナ推しか……分かってるね~」と思いながらスタンプラリーしてたのですが、後で調べたら……
ちゃんと5人分あったようで。
だから藤沢の駅員さんは「何部ですか?」と聞いてきたのかな?
5部買ったら5人分揃ったのでしょうか。
ランダムだったら揃えるのは至難の業でしょうね。
もっとも、1つのみ購入予定だったので私には関係のないこと。
仮に買ったとして……

私「5部ください」
駅員「へい、コラボ入場券おまち!」
私「よ~し5部買ったから5人分揃っているはz……」

【ハナハナハナハナハナ】
「!!!」
ってことになったらもうね(笑)。
ハナヤマタ43枚目
コラボ入場券上。
ハナヤマタ44枚目
コラボ入場券下。
で、
ハナヤマタ45枚目
コラボ入場券外したらそこにプロフィールが!
凝ってます。
ハナヤマタ46枚目
もう1部買っとけばよかったかなぁ……
まっ、
さっき公式ツイッター見たら完売になったということなんで買いたいと思っても買えませんけどね。
在庫抱えるリスクを抑えるため・限定にしてプレミア感を出すためもあったかもしれませんが、もうちょっと多くてもよかったかと。
3000~4000はいけた気も。
ハナヤマタ47枚目
スタンプラリーの用紙表面。
ハナヤマタ48枚目
用紙中面。
ハナヤマタ49枚目
賞品のOPのきせかえジャケット。
中にはちゃんと?歌詞も載ってます。
ハナヤマタ50枚目
さっそくきせかえ。
素晴らしいデス!
スポンサーサイト



ざっくりしたハナヤマタ聖地巡礼&えのでんはうす訪問記。

2014年8月16日、土曜日。
この日はアニメ「ハナヤマタ」の舞台の鎌倉訪問とハナヤマタとFIATがコラボしたコラボレーションカーを撮影しに行ってきました。
踏んだり蹴ったりでした。

ハナヤマタ1枚目
この日に行ったのには理由が。
それは、
8/16より江ノ電とコラボしたハナヤマタメガ切符が配布されるからです。
これを知った時、行くと決めました。

が、ここで2つ問題が。
一つ目は切符が限定500枚ということ。
ハナヤマタ……人気アニメですよ。
500枚は明らかに少なく争奪戦必死と。
そして二つ目は切符は午前9時からの配布なのですが、午前中はどうしても外せない用事があること。
現地に着くのは午後に。

なので諦めようかと思いましたが、
この日は東京ビッグサイトでコミケ2日目が開催されそちらでもハナヤマタ関連のグッズが販売されるのでハナヤマタファンが大挙して行くはず。
もしかしたら午後に行っても可能性が……というわずかな望みにかけることに。
で、午前の用件を済ませ鎌倉駅に行ってそこから江ノ電に乗ろう……と思ったら、

大・混・雑!
ただでさえ4両編成で乗車できる人数が観光に訪れる人の数に対して決して多くない江ノ電。
そこに夏休みと土曜日が足され、
更に何があったか知らないが電光掲示板に電車の到着が遅れているという案内がずっと。

ホームにはたくさんの人が。
それこそ、
一度にホームにいる人全員乗れない。
目の前に電車があるけど満員御礼のため次の電車を待つという先制パンチが。

この時点で「こりゃ無理かもしれないなぁ……」と。
が、ここまで来たのだから次の電車に乗り目的地の


“由比ヶ浜”で下車。
下車した後「さあてメガ切符は……」と駅を歩いたのですが……

ない。
それらしい場所も、
それらしい案内もない。


……あれ?
確か由比ヶ浜で190円の入場券を買うとハナヤマタメガ切符が付いてくるんじゃ……


駅の人に尋ねたのですが、


ここではそんなことはやっていないことが判明。
そう、

何を思ったか、
メガ切符は由比ヶ浜で……ではなく別の駅であることをここで知ります。

「確か公式で由比ヶ浜と見たはずなのだが……」と思ったのですが、違うと。
ここで世の中の多数派の人は、
スマホでササッと調べて予定をクールに修正できるでしょう。

スマホ……持ってない。
お外でネットをやるという文化が私にはないと。
なので由比ヶ浜で……と思っていた私はここで混乱。

え?じゃあどこ???と。

とっさに駅にあった路線図を見ます。
……
……
あ、もしかして七里ヶ浜じゃないか?と推測。
“浜”と付くのが由比ヶ浜と七里ヶ浜なので。

ただ……ここまでくるとそれが正解なのかが分からなくなってきます。
もしかしたら、全く別の駅なのかも……と。

なので……1駅ごと調べて行く必要が。
じゃあ、改めて江ノ電にと思うがすぐに鎌倉駅での大混雑を思い出す。
とてもじゃないが途中から乗るのは無理ゲー。ということで、

由比ヶ浜から藤沢方面に一駅ずつ歩いて確実に探す作戦を発動。
スマホがないアナログ野郎にはこれが最良の作戦だろうと。



由比ヶ浜から徒歩で藤沢方面に。

長谷駅……それらしい案内なし。
と確認後次の極楽寺駅に。
上の写真は長谷駅の近くの踏切で撮影。
今回、ハナヤマタの聖地巡礼に際し3つの目標がありました。それは、
1.ハナヤマタメガ切符入手。
2.えのでんはうすでハナヤマタ×FIATコラボカーの撮影。
3.ハナヤマタと江ノ電のコラボ企画で運行されているハナヤマタ江ノ電車両のハナヤマタ仕様のヘッドマークの撮影。

です。
で、長谷駅でヘッドマークを付けた車両に出会ったのですが……

遠い。
GRじゃなくてK-3&18-270mmを選択するべきだった……と激しく後悔。

ハナヤマタ2枚目
目の前にヘッドマークがあるのに。
あるのに単焦点では遠いと。
ハナヤマタ3枚目
一応撮影しトリミングしたのがこちら。
やっぱズームレンズ選択するべきだったなぁ……
猛暑の日に一眼レフは結構かさばるし暑いのでGRのみで行ったのですが……失敗でした。
その後も歩いて一つずつ駅を訪問。
極楽寺駅……販売している気配なし。
稲村ヶ崎駅……こちらもなし。
炎天下の行軍。
で……次の七里ヶ浜駅。
この時……既に午後2時30分過ぎ。
おそらくここだろうな、でも、もうないだろうなと思いつつも行ってみました。
すると……
ハナヤマタ4枚目
でしょうね。
ハナヤマタ5枚目
ですよねー。
ハナヤマタ6枚目
家に帰った後パソコンで調べると、
開始30分ほどで売り切れた模様。
つまり、
午前に予定があった時点で敗北は決まっていたと。

これ……
500枚はいくらなんでも少なすぎ。
倍はもちろん、10倍界王拳、20倍界王拳でもさばけた気がするのですがね。
9月にスタンプラリーがあるし、そこでスタンプラリーのおみやげにメガ切符……という流れにすれば売上も良かった気がするんですがねぇ……


もしかしたら190円の入場券を買うと付いてくる物なので、原価とかを考えると500枚がいいとこだろうと判断したのかもしれませんが。
ご好評に答えて追加生産決定!
なんて……ないか(笑)。
ハナヤマタ7枚目
失意のまま鎌倉高校前駅まで歩く。
鎌倉高校前駅近くの踏切はハナヤマタのOPにも登場しました。
ここは有名な撮影スポットらしく、多くのカメラマンが撮影していました。
人の往来も車の往来も結構あるのでアニメと同じ状態での撮影は難しいかと。
ハナヤマタ8枚目
海岸では海水浴客多数。
この日何よりきつかったのが

鎌倉も江ノ島もリア充ばっかり。
・カップル
・家族連れ
・女の子4人組
フルボッコでした。
頻繁に上記のリア充とすれ違う日でした。

ドラクエで例えるならトラマナなしでダメージ由佳床歩いている感じ。
上記の人とすれ違うたびに心の中で「二フラム!」って唱えたのですが消えないし(オイ)。
あっ、そうか……
自分自身に唱えればよかったんだ(オイ)。
ハナヤマタ9枚目
えのでんはうすに到着。したのですが、
ここもリア充ばっかり。
えのでんはうすのある場所がもうそういう人が集まる所にあるので。

ハナヤマタ10枚目
ハナヤマタとFIATのコラボカーを発見。
早速撮影しました。
リア充ばっかりの中一人で。
ハナヤマタ11枚目

ハナヤマタ12枚目

ハナヤマタ13枚目

ハナヤマタ14枚目
えのでんはうす内部。
ハナヤマタの展示が。
ただ、
家族連れ多しで撮影困難。
左にちょっと写ってるのがありますが鉄道模型?だったかな、そういうのがあってお子さん大喜びな状態の中での撮影でした。
撮れなかった展示もいくつか出てしまう結果に(人多かったので)。
ハナヤマタ15枚目

ハナヤマタ16枚目

ハナヤマタ17枚目

ハナヤマタ18枚目
う~んこの日は惨敗だったかもしれません。
メガ切符はまあ半ば諦めていましたが、
なんといっても「リア充」の多いこと多いこと。
あとはカメラの選択を間違えたこと。
ズームレンズがあればヘッドマーク撮れたんですがね。
更に帰りに片瀬江ノ島駅周辺が人だらけだったので「ここは贅沢にロマンスカーに乗って帰るか」と思ったんですよ。

特急券売り切れだし。
じゃあ次のロマンスカーで……と思ったら、

そっちも既に特急券完売。
普通電車で帰りました。

また普通電車が混むし。
更に電車に乗っている間どんどん雲行きが怪しくなり

目的地に着いた時には大雨に。
なんて日だ!

もうね、ハナヤマタには失望しました。
「ろこどる」に切り替えていく(オイ)。
そういえばアニメイト横浜でハナヤマタミュージアムなるイベントやっていたんですよね。
ははははは……(諦め)。

幾つかの(聖地巡礼)を行っていますが、ここまで結果が散々だったのは今回が初めてですね。
もうね、「ろこどる」には失望しました。
ヤマノススメセカンドシーズンに切り替えていく(オイ)。

鎌倉・江の島はそうですね……人が少ないオフシーズン……っていつも混んでるし。
「TARITARI」「575」「ハナヤマタ」……行くべき場所がどんどん増えてます(笑)。
9月にはハナヤマタ&江ノ電のコラボでスタンプラリー実施予定なんですよね。

ス・タ・ン・プ・ラリー。

これは血が騒ぐ(笑)。
伊達に

「TARITARI」「咲-saki-阿知賀編」「ガールズ&パンツァー」のスタンプラリーという戦場を潜り抜けてきた……って、そうでもない(笑)。
ハナヤマタに関しては検討中。

そんなわけで由比浜学園中学陽明写真館
の試合は
160の5回コールドゲームでした。
プロフィール

陽明

Author:陽明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数: