FC2ブログ

PENTAX「K-3」デビューキャンペーンプレミアムプレゼント到着記。

2014年1月15日、水曜日。
応募していたPENTAX「K-3」のデビューキャンペーンの結果が出ました。

当選しました。


「K-3」49枚目
外箱の横には大きく「K-3 デビューキャンペーン プレミアムプレゼント」の表記が。
大きな箱で来たので「これは……もしかしてもしかすると……」とわくわくどきどきに。
そして……
「K-3」50枚目
ここでバッグの当選を確認。
やったー!!!
当たったー!!!


ちなみにこのK-3デビューキャンペーンについてですが、
・PENTAX K-3 ボディキット
・PENTAX K-3 18-135WR レンズキット
・PENTAX K-3 Premium Silver Edition

のいずれかを購入し、期間内に申し込んだ人の中から抽選で写真家吉村和敏氏監修の
A賞 アルティザン・アンド・アーティスト製 K-3オリジナルカメラバッグ
または
B賞 アルティザン・アンド・アーティスト製 K-3オリジナルストラップ
が当たるというキャンペーンです。
抽選は2回行われ、
A賞は各500名の合計1000名に。
B賞は各1000名の合計2000名に当たります。
さらに応募した人全員にK-3 Photographer’s ダイアリーがプレゼントされるというものです。
応募時に欲しい賞品の選択は出来ないので、バッグが当たるかストラップが当たるか、

それともどちらも外れなのかは実際に届いてからのお楽しみということに。
応募した時点でダイアリーは全員にプレゼントされるので、賞品は必ず届きます。
ダイアリーにプラスでどちらかが付くのか付かないのかが運命の分かれ道というわけです。

「K-3」51枚目
箱を開けるとそこにはバッグが入った袋が。
以前行ったK-3のイベントでこのバッグが展示されて間近で見ましたが、
袋を見て改めて「これは“マジ”の奴だ」と思いましたね(笑)。
「K-3」52枚目
バッグの上には全員プレゼントのK-3のダイアリーが。
もったいなくて未開封です(笑)。
「K-3」53枚目
合計で1000名限定のK-3 オリジナルバッグ。
前々からRICOHもPENTAXも発売時のキャンペーンとして発売前予約者や早期購入者にプレゼントを付けていました。
これが結構豪華な物でしてね……
有名ブランドをコラボした限定バッグなんかが貰えちゃいます。
私も「GR」を購入してnano・universeとコラボしたバッグをゲットしました。
あの時は先着5000名でした。

今回は抽選で合計1000名。
中々の厳しさです。
それが……当たったと。
2014年の運を早くもここで結構使ってしまったかもしれません(笑)。
というのも、このバッグは元になったモデルがあるんですが……

3万ちょっとします。
「ICAM-3500」というモデルが元だそうです。

「K-3」54枚目
こちらももったいなくて未開封になっております(笑)。
「K-3」55枚目
当選通知。
これからもPENTAX&RICOHチームにはいいカメラ&レンズをどんどん世に送り出してもらいたいものです。
スポンサーサイト



愛機の紹介5機目

2013年11月29日、金曜日。
ヨドバシ.comで予約していた物が届きました。
PENTAXの一眼レフ、
「K-3」のPremium Silver Editionです。



「K-3」1枚目
外箱。
もしブラックのみの発売だったらいつかは買ったかもしれませんが、発売日に買うことはなかったでしょう。
今回はシルバーが世界限定2000台で発売されるということで、迷いましたが(特にお値段で)予約することに。
……後日、予約は予定数に達し終了に。
早めの決断で無事に買うことが出来ました。

まあ、発売日前後にキャンセル分と思われるのが色んな所でちらほら見かけましたが。
同時期に他社からも魅力的な新製品が出たからでしょうかね。
私も正直、SONYの「α7」とこちらで悩みました(笑)。
既にAPS-C機は、
K-5、
K-30、
K-5IIs、
GR、
を所有。
フルサイズ機はまだありません。
今回買った「K-3」のシルバーは価格が178000円です。
APS-C機にしては結構なお値段。
これはまあ、ボディのみではなく限定のシルバー仕様のバッテリーグリップや限定ストラップやバッテリーも通常なら
1つの所、最初から2つ付属しているなどが含まれているからでしょう。
で、検討していた「α7」なんですが……

フルサイズ機の発売スタート価格としては中々お手頃な値段(他と比べて)。
レンズキットの価格が「K-3」のシルバーとそんなに変わらなくて、
買おうと思ったら買えるお値段。
いや~悩みましたねぇ……

前々から「いつかはPENTAXもフルサイズ機を出してくれるであろう……
そのためにちょっとずつ貯金しよう!」
とカメラ用のお金を用意していたのですが、
今回、PENTAX側からは「K-3」が。
そしてSONY側からは「α7」が。
で、悩みましたが「K-3」を選びました。

そういえば……
前に「GR」を買った時はNEX-5を買うためにヨドバシに行って、
たまたま触って試した「GR」を選択したんですよねぇ……
今回は「α7」と「K-3」で後者と。

α7「私とあの女(K-3)どっちを選ぶの!」
私「K-3で」

う~ん、このPENTAX&RICOH優先主義。

「K-3」2枚目
外箱側面。
「K-3」のシルバー購入によりカメラ資金は枯渇。
またこつこつ貯めます。
今度は何を買うのやら……
さすがにボディはもう……ね(笑)。
レンズとか周辺機器の方に力を入れようかと思ってます。

近未来……

RICOH「GRの新型を発売します」

買います(オイ)。
「K-3」3枚目
箱の中身。
ボディにバッテリーグリップにストラップ。
どれも限定仕様です。
バッテリーグリップのシルバーというのが購入を大きく後押ししたと思います。
どこもバッテリーグリップは黒オンリーですからね。
いつかはオーダーカラーのバッテリーグリップ発売なんてやってくれればなあ。
PENTAXがその気になれば出来るかと。

「K-3」4枚目
「K-3」正面。
デザインの感じは「K-5」路線を踏襲。
「K-5」のデザインが気に入っている者としてはこれも高ポイント。
良い意味で変わらない・変えない所がまた良し。
「K-3」5枚目
「K-3」側面。
「K-3」6枚目
「K-3」裏。
液晶画面が「K-5」アスペクト比4:3の92万ドットから3:2の104万ドットに。
ボタン配置が「K-5」と少し変わりました。
特にAFボタンの位置がよりシャッター側に。
「K-3」7枚目
「K-3」側面。
「K-3」8枚目
「K-3」は今までの機種ではシングルスロットでしたが、ダブルスロット仕様に。
「UHS-I」規格に対応しています。
K-5→非対応
K-30→対応
K-5IIs→非対応
GR→対応
と色々コロコロでしたが今回はダブルスロットでバッチリ対応。
「K-3」9枚目
「K-3」上部。
パッと見、「K-5」と変わりません。
「K-3」10枚目
シャッターボタンの近くに露出補正とISOのボタンがあるのも「K-5IIs」と同じ。
使いやすいので大いに助かってます。
「K-3」11枚目
モードダイヤルもUSERの所が「K-5IIs」と違っていますが、後は同じです。
「K-3」12枚目
モードダイヤルの近くに“LOCK”という表示がありますが、これをスライドすることにより
モードダイヤルのロック・非ロックを選択することが出来ます。
ありそうでなかったこの仕様。
自分のスタイルによって変えることが。
「K-3」13枚目
「K-3」下部。
「K-3」14枚目
「K-5」シルバーとの大まかな比較。
右が「K-5」で左が「K-3」です。
「K-3」15枚目
パッと見ほとんど同じです。
「K-3」16枚目
画面の下のロゴが
「K-5IIs」が「PENTAX」なのに対し、
「K-3」では「RICOH」に。
PENTAXもRICOHも好きなメーカーなんですが、
どちらがいいかと問われればやはり「PENTAX」の方が良いです。
親会社はRICOH。
それは十分分かってますし、RICOHのおかげで「K-3」が世に出た。
だからそれぐらいは当然の……とも思いますが、やっぱり……ね(笑)。
「K-3」17枚目

「K-3」18枚目

「K-3」19枚目

「K-3」20枚目
付属のバッテリーグリップ「D-BG5」のシルバー。
このセット限定だそうです。
ブラックは通常販売。
シルバーボディ用にシルバーのバッテリーグリップ……
これもありそうでなかったんですよねぇ。
「K-3」21枚目
右が「D-BG4」で左が「D-BG5」。
「K-3」発売に際し、新たなバッテリーグリップとして「D-BG4」が。
今までの「D-BG5」は使用不可に。
「K-3」22枚目
バッテリーグリップ装着での比較。
やはり共にシルバーの方が一体感があります。
「K-3」23枚目
シルバーにはシルバー。
ブラックにはブラックを。
「K-3」24枚目
持っているレンズを一通り装着してみることに。
まずはFA31mmを。
「K-3」25枚目
オールシルバーでニヤニヤですわ(笑)。
「K-3」26枚目
そこにシルバーのリングを2枚装着し……
「K-3」27枚目
シルバーのメタルフードを装着してどーん。
「K-3」28枚目
更にシルバーでニヤニヤです(笑)。
「K-3」29枚目
DA40mm F2.8のシルバーを装着。
「K-3」30枚目
超コンパクト。
「K-3」31枚目
DA15mm F4を装着。
「K-3」32枚目
このレンズは旧型で、既にHDコーティングを施した新15mmが。
ブラックとシルバーの2種類ありです。
シルバーにシルバーなら一体感が凄いんでしょうねぇ……
「K-3」33枚目
「K-30」シルキーブルーとの2ショット。
ああ・・・そういえば、シャッター音ですが「K-5」に比べてやや高い音に。
「K-5」のシャッター音は一眼レフ機の中では静かということでまあまあ知られています。
個人的にそこも「K-5」シリーズの大きな魅力です。
回りに人がたくさんの状況ではシャッター音は静かな方がいいですからね。
シャッター音の大きさでいえば、
「K-5」<<<「K-3」<<<<<<<「K-30」といった所でしょうか(個人の感想)。
「K-30」はカラフルで尖ったデザインで買って良かったと思っていますが、一点だけ気になるのがシャッター音。
“ガチャ”って感じで、それこそ連写しようものなら回りに音が響きます。

以前、とあるお寺でHDR撮影していたら“ガチャンガチャガチャン”というシャッター音で近くにいた人が「?(なんだなんだ?)」という顔でこちらを(笑)。
回りに人がいない時や外での風景写真の時は別にいいんですが、イベントで人が密集している時は気を使いましたね。
カメラ選びの時は性能はもちろん重要ですが、シャッター音も大事だなぁと。
「K-3」は体感イベントの時にシャッター音を確認。
この時、既に予約はしていましたが、シャッター音を聴いて商品が届くのが楽しみになりました。

Q.人が密集している時はミラーレスを使えばいいのでは?

A.ぐぬぬ……
“音の大きさ”を考えると確かにミラーレスの方が……なんですよね。
分類としては“コンデジ”ですが「GR」を買って良かったと思った理由の一つは、電子音を最小でシャッター音を限りなく無音に出来ること(完全に無音には出来ません)。
人が集まっている所や飲食店での撮影の時はもっぱら「GR」を使うように。
「K-3」34枚目
「GR」との2ショット。
今後は「K-3」&「GR」で行く機会も増えるでしょう。
「K-3」35枚目
どうでもいい私事ですが、私のカメラ人生はRICOHから始まりました。
気が付けば今はPENTAX&RICOH体制。
こうなるのは運命だったのでしょうか。

「K-3」36枚目
GRとゆかいな仲間たち(オイ)。
そうそう……
「K-3」37枚目
DA18-270mm F3.5~6.3を装着したら自立しません(笑)。
「K-3」38枚目
哀愁を感じさせる格好になります。
「K-3」39枚目
本体が届いた後、秋葉原のヨドバシに行ってKenkoの「K-3」用液晶保護フィルムを購入。
その後はいつもの保護フィルム貼り付けサービスを利用することに。
300円でプロの技による貼り付けが。
「K-3」40枚目
その後はFA31mmを付けて秋葉原で試し撮りを。
※画像縮小ソフトで縮小しているので撮影したそのままの物ではありません。
ブログではアップできる画像のサイズに制限があるためにそうしています。
私の場合は1200×800の500KB前後で縮小していますので、現物からは大きく縮小した状態です。
ちなみにそのままの物は2400万画素で等倍で見ると凄いことになりました。

最近では撮った物をそのまま載せられるサイトとかも結構あるようですが……
面倒なので利用しません。
「K-3」41枚目
K-5→K-30→K-5IIsと使っていますが、「K-3」はより使いやすくなった正常進化モデルかと。
AFも進化しましたしファインダーもより見やすくなりましたし。
UHS-I&新エンジンのPRIMEIIIで反応も良好。
「K-3」42枚目
個人的に2400万画素が今の自分に必要か?と思いましたが(今までは1600万画素)それはまあ、これから使っていく中での判断ですね。
初のAPS-Cで2400万画素機……じっくり使っていきたいと思います。
「K-3」43枚目

「K-3」44枚目

「K-3」45枚目

「K-3」46枚目

「K-3」47枚目
この時はとりあえずということで撮影してみましたが、「K-5IIs」の時より白とびや黒つぶれのコントロールが良くなったと思います。
一番の理由は私の力不足ですが、「K-5IIs」で撮影していると白とびぎみに。
この時は特に設定を変えずに今までの感覚で撮影しましたが、全体的にバランスの取れた写真が出来た……出来やすくなったかなぁと。
「K-5IIs」のときは測光が77分割なのに対し「K-3」では一気に8.6万画素測光に。
今後の撮影でも十二分に使用者をサポートしてくれる予感。
「K-3」48枚目
ネットでは2400万画素になったことにより、

「それなりのレンズを使わないといけないのでは」
「高感度耐性が今までより悪くなったのでは」
との意見が。
この2点は私も気になっていました。

FA31mmとかならまあ大丈夫でしょうが、18-270mmとかだとはたして。
これは今後に実際に撮って確認していきたいと思っています。
試しにこの日の夜に18-270mm装着で270mmでISO3200で部屋を撮影してみました。

「K-5IIs」と比べると……うん……ね(笑)。
まあ、その辺は一長一短ですかね。
センサーに関しては「高画素化大歓迎!」の人もいれば「画素数は抑えて高感度の方を重視してほしい」
と様々。
私は現時点では後者の方に入りますので2400万画素については今の所手放しで歓迎とはいきません。
ただ、これから撮影していくうちに自分にとって合う機種なのかは分かってくると思います。
元々、撮影する時間帯は昼間が多く、大体が低感度での撮影ですからね。
低感度でガンガン撮影して2400万画素センサーの恩恵を受けたいと思ってます。
いざとなったら「K-5IIs」もありますし。
その辺は使い分けていこうかと。

中身「K-3」でセンサーだけ1600万画素にしたのも発売すれば結構イケそうな気もするんですが。
それこそ「K-5III」とかで。

出たらまた買ってしまいそうだな(笑)。
ボディだけどんどん増えてレンズがないと(笑)。

そんなわけで5番目のカメラが届きました。
PENTAXにはこれからも良いカメラを世に送り出していってほしいものです。
プロフィール

陽明

Author:陽明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数: