FC2ブログ

PENTAXボディマウントキャップ購入記。

2014年7月3日、木曜日。
ヨドバシ.comで注文した物が届きました。
購入したのはPENTAXボディマウントキャップです。


PENTAX77枚目
購入したボディマウントキャップ。
PENTAXを使ってまあまあの月日が経ちましたが、今まで買っていませんでした。
PENTAX78枚目
こちらの白いのがボディ本体買った時に付けられている物です。
白いふたです。
頻繁ではないですが点検の時に取り出す際にたまにふたがポロッと取れる時があります。
前々からちゃんとした物に変えたいとは思ってましたが今までそれをしてきませんでした。
今回所有しているK-5、K-30、K-5IIs、K-3用に4つ購入。
PENTAX79枚目
いやあ、もっと早く買えばよかったと思うしっかりした作り。
今までの物とは雲泥の差です。
しっかりカチッとハマって安心感が違います。

PENTAX80枚目
また「PENTAX」のロゴがいい。
今までは真っ白でしたし(笑)。
この「PENTAX」のロゴはいつまでも残してほしいものです。
これがもし「RICOH」ロゴになった日にはもうね(オイ)。
別にRICOHが嫌いとかじゃないです。
RICOHはRICOHで良いカメラ作るし好きですが、
「PENTAX」……この6文字がいいんです。
RICOHさんにはぜひ「RICOH」と「PENTAX」の2つの名前を上手く使い分けてほしいですね。

PENTAX81枚目
買って思ったのは最初からこれを付属すればいいのに……と。
ボディ代に上乗せしてもいいから最初からこっちにしてほしいなあと思いました。

最近ジメジメで蒸し暑い日が続いているので外出も控え、しばらくカメラに触ってませんでした。
久しぶりにK-3でこうやって写真を撮ったわけですが……

やっぱK-3いいわー
使い勝手良しの反応良しなんで。

もうね、K-3は……
「プレミアムスモール一眼レフ」の完成形ですね(オイ)。
K-3とFA31mmコンビを使っているとPENTAXユーザーで良かったなあと再認識します。
スポンサーサイト



PENTAX 「K-3体感&トークライブ」参戦記。

2013年10月26日、土曜日。
この日は秋葉原に。
目的はベルサール秋葉原B1Fで開催されたイベント「K-3体感&トークライブ」です。


PENTAX1枚目
ベルサール秋葉原入口。
PENTAX2枚目

PENTAX3枚目

PENTAX4枚目
会場入口前。
PENTAX5枚目
会場は既にたくさんの人が。
PENTAX6枚目
「革新と王道の融合」PENTAX K-3 独創的テクノロジーコーナー。
PENTAX7枚目
スマホ、コンデジ、ミラーレス、一眼レフ……様々なカメラを持った人がいて撮影していました。
PENTAX8枚目
ローパスフィルターレス24M CMOSセンサー説明。
PENTAX9枚目
ローパスフィルターレス24M CMOSセンサー。
個人的にはAPS-C機での24Mは高感度のノイズがどうなるか気になりますね。
私が使っている「K-5」「K-30」「K-5IIs」「GR」はいずれも16M。
この辺はバランスを考えるとまだまだ16Mでも良い気もしますが……はたして。
K-3では新エンジンの「PRIME III」になりましたし、その辺りの点は克服してくるのでしょうか。
まあ、公式ページのサンプル画像観て「すげえええええ!!!」と思いましたけどね(笑)。
ローパスフィルターレスについては大歓迎。
ローパスフィルターレスだと偽色やモアレの問題が浮上しますが、K-3と同じくフィルターレス機の「K-5IIs」や「GR」を使ってその辺は自分には全然許容範囲かなと。
世間の人はどれぐらい気にするかは分かりませんが、モアレや偽色が出てもそんなには気にしないタイプです。
それこそ、気づいてないのも結構あるかもしれません(笑)。
そんな立ち位置なのでレスで全然構いません。
むしろ、風景写真で恩恵を受けることが多いですので大歓迎。
PENTAX10枚目
「PRIME III」説明。
PENTAX11枚目
「PRIME III」。
思えば……「PRIME II」と「PRIME M」が交互に登板の印象があったPENTAXがついに新エンジンを。
「PRIMEII」搭載の「K-5IIs」で撮影時に色収差&湾曲補正オンで撮影すると少し時間がかかるんですよね。
「PRIME M」搭載の「K-30」の時はそうでもなかったですが……。
新エンジンでどれだけ反応が良くなるか……楽しみです。
PENTAX12枚目
約8.6万画素RGB測光センサー説明。
PENTAX13枚目
約8.6万画素RGB測光センサー。
これに関してはほんとにもう、

何があった……PENTAX。です(笑)。
今までは77分割測光センサーだったのに、一気に86000て。

測光センサーに関してはもう、

大丈夫。
他社が当たり前のように420分割とか1005分割とか2016分割とかやってるけど、PENTAXはいいよ。
PENTAXにはPENTAXの良さがあるんだから。
じゃあ……

まずは2ケタから3ケタ目指してガンバロー!

と頭の中で言い聞かせていたのにまさかの8.6万画素。
PENTAXもやれば出来る子なんですよ(オイ)。

PENTAX14枚目
SR シェイクリダクション説明
PENTAX15枚目
SR シェイクリダクション。
ここはPENTAX機の大きな利点です。
ボディ内で手ブレ補正を行うので、どのレンズでも補正が効きます。
他社のだとレンズ側で手ブレを補正したりするので、補正ありの場合となしの場合があります。
PENTAX機が選ばれている理由の一つがこの「SR」です。
PENTAX16枚目
SAFOX11・高感度センサー説明。
PENTAX17枚目
SAFOX11・高感度センサー。
AFのは測距点は一気に27点に。
クロスタイプAFは25点。
「K-5IIs」の11点から大きく性能アップ。
ずっと11点で今後も11点でやっていくのかと思ったら27点に。
あらゆる点で「K-5IIs」より進化しています。
PENTAX18枚目

PENTAX19枚目
8.3コマ/秒 高速ドライブ説明。
PENTAX20枚目
8.3コマ/秒 高速ドライブ。
3モーターシステムとミラーバウンド抑制機構と新エンジン「PRIME III」の性能により高速連写を実現。
PENTAX21枚目
「K-3」カットモデル。
PENTAX22枚目
「K-3」のシルバー。
世界限定2000台のプレミアムシルバーです。
本当に2000台のみなんですかねぇ……。
「K-5」の件があるし(笑)。
まあ「K-5」に関してはそれがあったから手に入れられたんですがね。
「K-5」のシルバーが人生初PENTAXです。

PENTAX23枚目
「K-3」のブラック。
右側にこぶみたいのがあるのが気になりますが、「K-5」の流れを汲んだデザインで良いですね。
武骨な感じで。
PENTAX24枚目
シルバーはご好評により予定数量(2000台)に達したそうです。
おめでとうございます。
PENTAX25枚目
でも3000台でもいけたと思うんですがね。
HDコーティングの「DA Limited」でシルバーレンズも販売しますし。
本体もレンズもシルバーでという人はそれなりにいるはず。
PENTAX26枚目
視野率約100%光学ファインダー説明。
PENTAX27枚目
視野率約100%光学ファインダー。
前々からPENTAXは視野率約100%の光学ファインダー機を発売し続けてます。
「K-3」では倍率が約0.95倍に。
「K-5」や「K-30」は倍率が0.92倍でした。
更に反射面に新コートを採用。
より大きくより見やすい光学ファインダーに。


光学ファインダーにはちとうるさいPENTAX。
そこがユーザーからの支持を獲得している一つの理由です。

EVF機やバリアングル液晶モニター機やチルト液晶モニター機と様々なカメラが発売される中、あくまで光学ファインダーを覗いて撮るスタイルを重視。
PENTAX28枚目
マグネシウム合金外装説明。
PENTAX29枚目
マグネシウム合金外装。
金属のずっしり感や触った時のひんやり感がまたなんとも。
PENTAX30枚目

PENTAX31枚目
防塵・防滴構造説明。
PENTAX32枚目
防塵・防滴構造。
AW/ARレンズを装着すれば悪条件の中でも撮影が。
この点もPENTAX機の魅力です。
PENTAX33枚目
「K-3」スケルトンモデル。
これはこれでアリで欲しい(笑)。
PENTAX34枚目
高耐久シャッター説明。
PENTAX35枚目
高耐久シャッター。
「K-5IIs」の時は10万回でしたが「K-3」は20万回のレリーズ耐久試験をクリア。
PENTAX36枚目

PENTAX37枚目

PENTAX38枚目
4Kインターバル動画コーナー。
4Kインターバル動画を再生するということで東芝の4Kテレビで上映。
カメラが凄いのかテレビが凄いのかはたまた両方凄いのかは分かりませんが、非常にきれいな映像でした。

PENTAX39枚目
HDコーティングレンズ新ラインナップコーナー。
PENTAX40枚目
新コーティングと円形絞り採用により、レンズがパワーアップ。
PENTAX41枚目
コーナーには6種類のレンズが。
PENTAX42枚目
「HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited」のブラック。
このレンズの旧型を持っていますが、小型&軽量で持ち運びも楽々な広角レンズです。
新たにHDコーティングを施し、円形絞りを採用してパワーアップ。
今までのPENTAXだと、
通常販売のブラック。
限定販売のシルバー。
と立ち位置が分けられることがありましたが、今回はブラックもシルバーも通常販売に。
シルバー野郎歓喜な展開に。
PENTAX43枚目
「HD PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited」のブラック。
PENTAX44枚目
「HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited」のブラック。
PENTAX45枚目
「HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WR」。
PENTAX46枚目
「HD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limited」のブラック。
PENTAX47枚目
「HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited」のブラック。
PENTAX48枚目
「HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited」のシルバー。
PENTAX49枚目
「HD PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited」のシルバー。
PENTAX50枚目
「HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited」のシルバー。
PENTAX51枚目
「HD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limited」のシルバー。
PENTAX52枚目
「HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited」のシルバー。
PENTAX53枚目
プロの写真家が「K-3」で撮影した写真を展示していたギャラリー。
PENTAX54枚目
その中の一つの作品。
PENTAX55枚目
レンズの性能もあるでしょうが(「DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM」で撮影)、色ノリが本当に良く、自分好みで素晴らしいです。
PENTAX56枚目
この後は進化したAF体験コーナーへ。
PENTAX57枚目
AF体験コーナー。
ここで初めて「K-3」に触れることに。
今までカメラ体験イベントはCanonの「70D」とOLYMPUSの「EM-1」のイベントに行っていますが、いずれも操作の仕方が分からない部分がどうしてもありました。
が、今回は慣れ親しんでいるPENTAX。
1分も経たないうちに大体の感じは掴めました(笑)。
進化したAF。
より見やすい光学ファインダー。
そして……ナイスなシャッター音。

実際に触って惚れました。
PENTAX58枚目
この後はタッチ&トライコーナーへ。
PENTAX59枚目
タッチ&トライコーナー。
さっきのAF体験コーナーで大体の感じは掴めたので、ここでは主に連写を試すことに。
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ……
速い。

私自身、連写で撮影することは滅多にないのですが(笑)、これは歴戦の連写使いの人にも納得してもらえるのではと。
PENTAX60枚目
タッチ&トライコーナーの近くに展示されていた「GR Limited Edition」。
PENTAX61枚目
本体はグリーンのウェーブ塗装。
付属ケースも限定仕様の全世界限定5000台のGRです。
PENTAX62枚目
「GR Limited Edition」の隣には「K-3」デビューキャンペーンので抽選で当たるオリジナルカメラバッグが。
抽選で1000名に当たるプレミアムバッグです。
PENTAX63枚目
バッグの隣にはこちらも抽選で2000名に当たるオリジナルストラップと応募した人全員に当たるK-3 Photographer'sダイヤリーが。
PENTAX64枚目
隅っこから会場を撮影。
PENTAX65枚目
会場には「K-3」に装着された「HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW」が。
ファインダー覗いて笑ってしまいました。
遥か遠くのライトがはっきりとファインダー内に。
この後、自分が持ってきた「18-270mm」の270mmで見てみましたが……物凄い差が。
PENTAX66枚目
17時前。
この後、ステージでは写真家の中井精也氏が。
「ゆる鉄」でもおなじみの人気プロカメラマンということもあり、ステージ前には多くの人が。
PENTAX67枚目
司会のおねーさん。
この後、中井氏が。
登壇の後に中井氏が写真は全然撮って構わないと話した後に、
撮った写真はブログでもツイッターでもフェイスブックでも2ちゃんねるでも全然載せて構わないと発言すると会場はドッと笑いが(笑)。
中井氏はまず「K-3」がどんなカメラかについて解説。
「K-3」……それは、
PENTAX68枚目
【要するに本気と書いてマジ】のカメラです。
PENTAX69枚目
中井氏は「K-3」を持ってベトナムに。
その写真展の案内。
日越の越は中井氏「越谷」ジョークで笑いをゲットしていました。
PENTAX70枚目
ベトナムでの機内持ち込み禁止の案内。
PENTAX71枚目
中井氏曰く、今回のベトナムの旅は本当に良かったと話していました。
中井氏が自分の中で良く撮れたと思った列車内での女の子の写真は確かに良い表情でした。
その写真は撮ってません(オイ)。
PENTAX72枚目

PENTAX73枚目

PENTAX74枚目
イベント終了時間の18時になったので外に。
PENTAX75枚目
8月Canon「70D」
9月OLYMPUS「EM-1」
そして今回はPENTAX「K-3」の体験イベントに。
上2つのイベントでは正直、他社(PENTAX)のカメラ使いな立場のため、楽しめはしましたがアウェー感はそれなりにありました。
が、今回は愛用しているPENTAXのイベント。
アウェー感皆無。
ルンルン気分のランランランでした(オイ)。
「K-5IIs」と「GR」の二刀流で臨んだ今回のイベント。
とても充実したイベントでした。

PENTAX76枚目
貰ったカタログ。
かっこいいね!
プロフィール

陽明

Author:陽明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数: