FC2ブログ

RICOH「GR」用マクロコンバージョンレンズ「GM-1」撮影記。

2016年3月21日、月曜日。
この日は秋葉原の街と神田明神に。
神田明神と近くの屋上庭園で先日発売されたRICOH「GR」用マクロコンバージョンレンズ「GM-1」の初撮りをしてきました。
先に結論を言うと苦戦しました(苦笑)。


GR238枚目

GR239枚目

GR240枚目
なんか奥に“ぷっちょ”みたいのが。
GR241枚目

GR242枚目

GR243枚目

GR244枚目
中央にピントを合わせて撮影。
GR245枚目

GR246枚目

GR247枚目

GR248枚目
マクロレンズを所有していない・【マクロ=GRの10cmマクロ】という自分には新鮮な体験であった一方、撮影の難しさも感じました。
いつも以上にブレとピント合わせがシビアでした。
なんでマクロレンズって70mmだったり90mmだったり100mmの望遠マクロが多いのか分かった気がします。


広角のマクロだと被写体にレンズを近づけて撮る必要があるので場合によっては手を伸ばして撮影します。
これが望遠マクロであれば距離をとって脇をしめてしっかり撮影できるのでしょうが、それが出来ない。
「GR」にはボディ及びレンズに手ブレ補正機能はありません。
なので細かいブレがモロにくる。

あと、「GR」自体がMFがし辛いのも響いてきます。
一眼レフのレンズであればレンズのフォーカスリングを動かして調整できます。
これが「GR」の場合だとボディ裏側右手上部のダイヤル操作に。
デジカメの中にはレンズのコントロールリング部分でMFが出来る機種がありますが、「GR」にはそれがありません。
通常の撮影であればさほど問題がないのでしょうが、マクロ……それこそマクロコンバージョンレンズ「GM-1」を装着した状態だとダイヤルでのMF調整がやりにくいと感じてしまいます。
AFでビシッとピントが合えばいいのですが、「そこじゃない、もっと奥!」なケースも。
何度AFで撮ってもピントが合わない場合はMFで撮影することになりますが、そうなると中々大変です。
まあ、今回が初の撮影なのでまだ慣れていない部分も大いにあるでしょうが。

今回撮影を終えた率直な感想としては、
倍率を含め、より確実にマクロ撮影をしたいのであればやはり専用の望遠マクロレンズの方がいいでしょうね。
手ブレ補正付きのマクロレンズがタムロンから出ていますし、純正のマクロレンズでもPENTAXのカメラならボディ補正機能の「SR」がある。

「GM-1」に関しては出掛ける時にGRのみ持っていって本体のマクロ機能より更に接写をしたい被写体があったら装着……う~む。
だったら、GRと一眼レフにマクロレンズ装着型持っていきますね……私の場合。

描写は良いです。
普段10cmマクロに慣れている自分にとっては今までにない写真が撮れました。
GRには多彩なエフェクト機能もあるのでそれと組み合わせることにより様々な写真が撮れることでしょう。
ただ、使いこなすには時間と経験が相当必要になりそうです。
他のカメラ&レンズにもいえるでしょうが。
今後も使っていってより多種多彩な写真が撮れるように精進します。
スポンサーサイト



RICOH「GR」用マクロコンバージョンレンズ「GM-1」購入記。

2016年3月18日、金曜日。
発売日当日に買いましたよ……GR用のマクロコンバージョンレンズ「GM-1」を。


GR230枚目
外箱。
いつものRICOH&PENTAX関連製品の箱の感じです。
……いちおう「レンズ」なんで、もうちょっと箱に関しては厚みのある、よりしっかりした箱の方が良かったと個人的に。
というふうに思ったのは、その日に同時購入したNikonのLEDライトの外箱の方が箱としてしっかりしていたので。

GR231枚目
レンズ本体。
MADE IN JAPAN。
見た目の割りに結構ずっしりしてます。
GR232枚目
気を付けなければならないのは、この「GM-1」を使うには別にフード&アダプター取り付け装置の「GH-3」を買わなければならないといいうこと。
また、「GM-1」のレンズ先端部分には49mmレンズキャップ取り付け可能なギザギザ部分がありますが、


フィルターを装着するとケラレます。
説明書に書いてありました。

GR233枚目
「GM-1」に「GH-3」を装着してレンズキャップを装着するとこんな感じに。
GR234枚目
GR本体にセット。
かっこいいじゃん。
GR235枚目
まあ、アダプター&コンバージョンレンズを装着するとコンパクトさは失われます。
何もつけていない素のGRはサッと出してサッと撮影できるのが大きな魅力なので、この形態は撮影者のスタイルによって好みが分かれそうですね。
後は、レンズにアダプターを取り付けてそこからカメラにセットということでホコリの心配が。
私の場合はもう、レンズにアダプターを常時付けて置こうかなと思ってます。
いちいち、レンズとアダプターを付けてそこからカメラというのは。
あらかじめセットしておいた方が楽かなと。


でもそうなると、フード&フィルター用にもう1つ「GH-3」を買う必要があるな……。

一方、このマクロコンバージョンレンズの魅力としては比較的お手軽にマクロ撮影が楽しめることですかね。
それこそ、一眼レフでマクロ専用のレンズを買うとなるとそれなりのお値段ですが、このマクロコンバージョンレンズ「GM-1」は一眼レフ用のマクロレンズを買うよりはお買い得。
マクロ性能や描写などで差はあるでしょうが、APS-Cセンサー機でよりマクロ撮影を楽しんでみたいという人には良い選択肢だと思います。
APS-Cセンサー機のマクロ機能って大体10cmなんですが、この「GM-1」を装着すると約4cm~8.5cmで接写が可能に。
これから季節は春本番。
お花の撮影とかに良さげと思い買いました。
GR236枚目
大雑把ですがマクロ性能テスト。
厳密に距離とか測ったとかではないんで大体の目安と思っていただければ。
F4.0のISO400で。
素のGRのマクロ機能の大体10cmで撮影した場合こんな感じ。
ここより近づくとピントが合いません。
なぜ被写体がSIGMAなんだという細かい話はなしで(オイ)。
だって……SIGMAの社員の中に、
「K-1」予約した人がいるようだし(オイ)。
ソースはSIGMAの山木社長のツイッターより。
GR237枚目
マクロコンバージョンレンズ「GM-1」を装着して接写した場合。
上と同様F4.0のISO400で撮影。
上の写真とそんなに差がないと思うかもしれませんが(笑)、素のGRよりは近づけてピントが合います。
描写も「dp0 Quattro」本体のざらざら感が良く出ていると思います。


照明は同時購入したNikonのLEDライト「LD-1000」を照射。
LEDライトとマクロコンバージョンレンズ……良いコンビになりそう。
近々、このコンビで撮影しにどこかに出かけたいと思ってます。
プロフィール

陽明

Author:陽明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数: